問題 × 解決策

phpで特定の日を過ぎたら処理を変える

  • 2020年08月05日
  • PHP

問題

特定の日を過ぎた時に表示の切り替えを行うには?

解決策

「if( date("Y-m-d") >= "特定の日の年4桁-特定の日の月2桁-特定の日の日2桁" )」でTRUEならば特定の日以降の処理、FALSEならば特定の日より前の処理を記述します。

 

特定の日を過ぎた時に表示の切り替えを行うための処理

キャンペーン等、特定の日を過ぎた時に表示の切り替えを行わなければならない場面はよく出てきます。
そんな場合のために、phpで特定の日を過ぎたら処理を変える方法をご紹介します。

date関数で取得した現在の日付と特定の日付を比較する。

date関数で取得した現在の日付と特定の日付を比較して、処理を分けます。

date_default_timezone_set("Asia/Tokyo");
if( date("Y-m-d") >= "2020-08-20" ):
echo '2020年8月20日以降です。';
else:
echo '2020年8月20日より前です。';
endif;

例:時刻も含めて処理を分ける場合

date_default_timezone_set("Asia/Tokyo");
if( date("Y-m-d-H") >= "2020-08-20-17" ):
echo '2020年8月20日の17時以降です。';
else:
echo '2020年8月20日の17時より前です。';
endif;

ポイント!

  • date_default_timezone_set(“Asia/Tokyo”)」で日本時間として日時を取得することができます。

参考ページ

以下のサイトが、より詳しく解説してくれています。

【期間限定ページに使える!PHPの「date関数」について | WEB改善事例集(GMOソリューションパートナー株式会社)】
https://xn--web-oi9du9bc8tgu2a.com/php-date-function/

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 4 =

「問題 × 解決策」
月別アーカイブ一覧

「問題 × 解決策」
月別アーカイブ一覧