問題 × 解決策

var_dumpでphpの変数の値を取得し、チェックする方法

  • 2020年12月31日
  • PHP

問題

PHPで処理が上手くいかない。

解決策

「var_dump( 変数 )」でphpの変数の値を処理の段階ごとで取得し、チェックする。

 

PHPでのエラーや処理の不具合の調査方法の一つ

PHPでエラーが出たり、処理が上手くいかない時の調査方法の一つとして、var_dumpでphpの変数の値を取得し、チェックする方法をご紹介します。

「var_dump」

var_dump( 変数 )」をphpの変数の値を処理の段階ごとで取得し、チェックする。

例:変数の値が文字列の場合

$text = 'テスト';
var_dump( $text );

出力結果:string(9) “テスト”

例:変数の値が添字配列の場合

$array = array( 'a', 'b', 'c' );
var_dump( $array );

出力結果:array(3) { [0]=> string(1) “a” [1]=> string(1) “b” [2]=> string(1) “c” }

例:変数の値が連想配列の場合

$as_array = array( 'a' => 'あ', 'b' => 'い', 'c' => 'う' );
var_dump( $as_array );

出力結果:array(3) { [“a”]=> string(3) “あ” [“b”]=> string(3) “い” [“c”]=> string(3) “う” }

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 5 =

「問題 × 解決策」
月別アーカイブ一覧

「問題 × 解決策」
月別アーカイブ一覧