問題 × 解決策

gtagイベントトラッキングでvideoタグの動画再生をカウントさせる方法

問題

gtagイベントトラッキングでvideoタグの動画再生をカウントさせるには?

解決策

「addEventListener("play", function() { ... }」でvideoタグの動画が再生された時の処理を設定することができます。

 

videoタグの動画再生をカウントする

videoタグで埋め込んだ動画をどれだけの人が見たか判断する指標として、gtagイベントトラッキングでvideoタグの動画再生をカウントさせる方法をご紹介します。

イベントリスナー「addEventListener(“play”, function() { … }」を使用する。

イベントリスナー「addEventListener(“play”, function() { … }」により、videoタグの動画が再生された時の処理を設定することができます。

if($('video').length){
    var video = $('video');
    video[0].addEventListener("play", function() {
        gtag('event','play', {'event_category': 'ページ名','event_label': '動画再生'});
    });
}

動画におけるイベントハンドラの種類の一例

イベントハンドラ 内容
play 動画が再生された時
canplay 動画再生の準備ができた時
pause 動画が一時停止された時
ended 動画が最後まで再生された時

参考ページ

以下のサイトが、より詳しく解説してくれています。

【videoタグに使えるイベントハンドラのまとめ – AnTytle Gaming Media】
https://game.antytle.com/topic/25

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − 1 =

「問題 × 解決策」
月別アーカイブ一覧

「問題 × 解決策」
月別アーカイブ一覧