問題 × 解決策

PHPでCSVファイルにデータの書き込みを行う方法

  • 2020年05月27日
  • PHP

問題

PHPでCSVファイルにデータの書き込みを行うには?

解決策

「fopen」関数、「fclose」関数、「fputcsv」関数を使用し、配列の内容をする。

 

PHPでのCSVファイルの読み込み

PHPでCSVファイルにデータの書き込みを行う方法をご紹介します。

PHPでのCSVファイルの読み込みについては、以下をご覧ください。
PHPでCSVファイルを読み込む方法

CSVファイルの内訳の構成パターンは、1行ごとに値1つのみを想定しています。

data01
data02
data03

CSVファイルに配列データを書き込み

配列データをCSVファイルに書き込みます。

$datelist =array(
	"data01",
	"data02",
	"data03"
);
$closed_update = array();
if( !empty($datelist) ):
if (($handle = fopen("text.csv", "w")) !== FALSE) {
    for( $i = 0; $i < count( $datelist ); $i++ ){
        $closed_update[] = array( $datelist[$i] );
    }
    foreach( $closed_update as $update ){
        fputcsv($handle, $update);
    }
    fclose($handle);
}
endif;

データを格納していく流れ

  • 「fopen」関数でCSVファイルを開く。

取得した1行分のデータを「foreach」でループ処理

  • 「fputcsv」関数でCSVファイル内のデータを一行ずつ書き込み処理
    fputcsv(fopenの変数, 書き込みたい値);」で書き込み処理が行われます。
  • 全ての読み込みが終わったら「fclose」関数でCSVファイルを閉じる。

参考ページ

以下のサイトが、より詳しく解説してくれています。

【fputcsv – 行を CSV 形式にフォーマットし、ファイルポインタに書き込む】
http://phpspot.net/php/man/php/function.fputcsv.html

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 4 =

「問題 × 解決策」
月別アーカイブ一覧

「問題 × 解決策」
月別アーカイブ一覧