問題 × 解決策

CSSのBeforeやAfterの疑似要素での文字化け対策として文字変換できるサイトのご紹介

問題

CSSのBeforeやAfterの疑似要素でcontentに入力した文字が文字化けしてしまう

解決策

文字変換できるサイトで変換し、それをcontentに設定する

はじめに

CSSのBeforeやAfterの疑似要素で、日本語や特殊文字を表示させようとして文字化けしてしまう時ってありますよね?
今回はその対策として文字変換できるサイトをご紹介します。

CSSのBeforeやAfterの疑似要素に入れる用に別の文字列に変換してくれるサービス

まず、このサービスにアクセスして、「 content 設定値の Unicode 変換ツール」にて表示させたいテキストを入力します。

出力されたコードを、該当のcssのcontentに貼り付けます。

p span.example:before{
content: "ここに貼り付けます";
}

これで完了です。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + sixteen =

「問題 × 解決策」
月別アーカイブ一覧

「問題 × 解決策」
月別アーカイブ一覧