問題 × 解決策

【コピペ用】Googleに認識させる、パンくずリストの記述(microdata使用)

問題

Googleに最適なパンくずリストの作り方がわからない。

解決策

構造化データの内の「microdata」を用いて記述を行う。

 

Googleに認識させるパンくずリストの最適な作り方

Googleに認識させるパンくずリストの最適な作り方として「構造化データ」を用いる手法があります。

この「構造化データ」の記述方法として、

  • JSON-LD
  • microdata
  • RDFa (RDFa Lite)

といった種類が存在します。

その中で「microdata」を用いた記述方法をご紹介します。

microdataの記述例

<ol itemscope itemtype="http://schema.org/BreadcrumbList" class="breadcrumb-list">
	<li itemprop="itemListElement" itemscope itemtype="http://schema.org/ListItem" class="home">
		<a itemtype="http://schema.org/Thing" itemprop="item" href="URLが入ります">
			<span itemprop="name">トップページ</span>
		</a>
		<meta itemprop="position" content="1"../>
	</li>
	<li itemprop="itemListElement" itemscope itemtype="http://schema.org/ListItem">
		<a itemtype="http://schema.org/Thing" itemprop="item" href="URLが入ります" itemid="URLが入ります">
			<span itemprop="name">親ページ</span>
		</a>
		<meta itemprop="position" content="2"../>
	</li>
	<li itemprop="itemListElement" itemscope itemtype="http://schema.org/ListItem" class="on">
		<span itemtype="http://schema.org/Thing" itemprop="item">
				<span itemprop="name">子ページ</span>
		</span>
		<meta itemprop="position" content="3"../>
	</li>
</ol>
  • 各liタグの中にmetaタグのcontent属性で順番の数値が入ります。
  • liタグ内で「itemprop=”item”」を設定したタグを作り、さらに「itemprop=”name”」を設定したタグの中でページのタイトルを入力します。

参考ページ

構造化データについて、詳しくはこちらをご参照ください。

【構造化データの仕組みについて | 検索 | Google Developers】
https://developers.google.com/search/docs/guides/intro-structured-data

【パンくずリスト | 検索 | Google Developers】
https://developers.google.com/search/docs/data-types/breadcrumb

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 3 =

「問題 × 解決策」
月別アーカイブ一覧

「問題 × 解決策」
月別アーカイブ一覧